鶴田町立菖蒲川小学校公式ブログです

2012年08月29日

日本PTA全国協議会長からのメッセージ

いじめの根絶と「いのち」の尊さを訴える

 昨年10月、大津市で中学2年の男子生徒が自殺するという事件が発生しました。報道によれば、その原因は、いじめであるとされており、これが真実であれば誠に残念です。このような痛ましい事件は二度とあってはならないものです。
 私たちは、これまでも、子どもたちに「いじめ」はいけないことだときちんと教えることや教育の原点である家庭教育のあり方を改めて問い直すことを確認してきました。
 今回の悲惨な事件を真摯に受け止め、検証や今後の対応について関係機関へ働きかけるとともに、日本PTAとして、子どもたちを守る視点に立ち、いじめの根絶と「いのち」の尊さを訴えることを次のとおり再確認します。

一、私たちは「子育ての第一責任者である」ことを認識しよう。

一、子どもたちに「いじめはしてはいけないこと」だと教えよう。

一、子どもたちに「『いのち』の大切さ」を教えよう。

一、子どもたちが発する「シグナル」に注意しよう。

一、いじめに気がついたら「素早く対応」しよう。

平成24年8月8日
社団法人日本PTA全国協議会
 会 長 竹田 岳彦


posted by 菖蒲小 at 12:06| 青森 🌁| Comment(0) | PTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。